東京都昭島市中神町1377-3(「天王橋交差点」近く「昭和記念公園」近く「スーパーたいらやの隣り

小動物(哺乳類)の診察

診療案内

ハムスター、チンチラ、モルモット、フクロモモンガ、フェレットと家庭で飼われてる動物達は種類も数も増えています。

当院ではワンちゃん猫ちゃんは以外の動物達(エキゾチックアニマル)について診察、検査、治療、飼育指導を行なっています。

来院の際には事前に動物種や症状などをご相談いただけると助かります。

042-508-5025

症例紹介

ハムスター 首にしこり(皮下膿瘍)

三鷹からいらした飼い主さんでした。2歳のジャンガリアンハムスターです。

首の後ろが、腫れてきたということで来院されました。

ブルーベリーの粒ほどの大きな硬いしこりがありました。

調べてみると、皮膚の下に膿がたまっていることがわかりました。

皮下膿瘍です。

ハムスターの膿は、乾酪状といわれ、チーズのように白く固まっています。

写真の皮膚からでている白いものが膿になります。

膿を取り出し、洗浄しました。

再発することが多いですので、投薬と経過の観察が必要です。

ハムスター 腫瘍切除 (皮下腫瘍)

ハムスター左脇腹にしこりができて動きにくということで来院

皮下に液体が貯留していたので、1.5mlほど抜けましたが、1週間ほどで元の大きさになりました。

皮下に腫瘍が認められ、液体貯留の原因と考えられました。麻酔下で摘出しました。

およそ10日後に手術のあとも目立たないようになりました。

デグー 皮膚膿瘍

デグーの顔写真

デグーの男の子の包皮に白いできものができたと来院されました。

生殖器の包皮の右側に3mmほどの白いドーム状のできものがありました。

写真 デグー包皮 の膿

いわゆる膿です。げっ歯類の膿は乾酪状(チーズ状)になりやすく、固まってなかなか排出されません。

排膿して、洗浄をしました。

排膿した後の包皮

ハムスター切歯不正咬合

ハムスターなどのげっ歯類は常に歯が伸び続けます。上の歯と下の歯が当たることでお互いを削って長さが調整されています。

ケージの網をかじったりして、噛み合わせがずれてしまって歯が伸びてしまったジャンガリアンハムスターです。

噛み合わせがあうように揃えます。

金網などをかじるときに歯を自分で引いてしまい噛み合わせが悪くなることがあります。

飼育環境には十分注意しましょう。

ハリネズミ 疥癬症

お家にお迎えして間もないハリネズミの男の子です。
トゲがパラパラとよく落ちる、しきりに痒がっているように見えるということで来院されました。

皮膚検査では、痂皮(フケのようなものです)の顕微鏡で検査した結果、ヒゼンダニの虫体を確認しました。

ダニ駆除の薬を塗布して、念のため3週間後に再度塗布しました。ダニの生活環が卵から孵化して成虫になるのが2週間ほどなので、2回の投与をおこないました。

ストレスのかかった状態で、免疫力の低下でヒゼンダニが増えてハリネズミの毛髪であるハリがボロボロと落ちてくることがあります。そのようなときは一度検査することをおすすめします。

あだち動物病院
あだち動物病院
時間/曜日診療
≪ 午前 ≫
9:00~13:00
≪ 午後 ≫
16:00~20:00

水曜午後は14:00~17:00
※月・火・金・土の13:00~16:00は手術、往診、予約診療時間

友だち追加

こちらのQRコードから、LINE@のアカウントと友だちになれば、LINEからあだち動物病院に相談できます。

時間/曜日診療
≪ 午前 ≫
9:00~13:00
≪ 午後 ≫
16:00~20:00

水曜午後は14:00~17:00
※月・火・金・土の13:00~16:00は手術、往診、予約診療時間